ご依頼の流れ/費用

Step 1 相談予約

まずは、法律相談をご予約下さい。

相談を希望するお時間をご指定下さい。都合のよい時間帯をお知らせ下さってもよいですし、日時指定の場合は、第3希望までお知らせいただけるとスムーズです。

原則として相談時間は平日10:00~18:00(19:00終了)でお願いしておりますが、夜間や土曜日でも対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

電話: 03-6450-3208

メール: ここをクリックしてメール

ご相談予約フォーム

 

Step 2  来所して相談

弁護士が直接お会いして、相談したいことの内容、これまでの経緯などを丁重にお聞きし、今後の方針をお伝えします。

お茶を飲みながら、リラックスした雰囲気での相談を心がけています。

法律相談料 30分5400円(税込み)

法テラスの無料相談制度を利用できる場合がありますので、希望があればお知らせ下さい。

【相談時に持参していただきたいもの】

・(あれば)相談の要点を簡単にまとめたメモ

・メールや書類など証拠になりそうなもの

・印鑑(三文判で可)

相談だけで解決できた場合には、終了となります。

 

Step 3  弁護士費用のご説明・契約書の作成

相談の結果、交渉や裁判を始めた方が良いと思われる場合には、弁護士費用のご説明を致します。ご納得いただけた場合には、弁護士との契約書を作成し、相談者様の弁護士として活動を開始いたします。

「着手金」とは?

「着手金」とは、弁護士が活動を始めるに当たり、最初に頂くお金です。

「報酬金」とは?

「報酬金」とは、事件終了時の結果によって、最後に頂くお金です。通常、相手から得ることができたお金から1~2割を成功報酬として頂戴しています。離婚などの、相手からお金を得ることが目標ではない事件の場合は、一定の金額をあらかじめ定めて頂戴しております。

「手数料」とは?

「着手金」「報酬金」という形で結果に従い報酬を頂戴するのではなく、一つの仕事を行う手数料をいただく場合です。遺言書の作成や、その他契約書などの書類作成時に頂戴します。

弁護士費用(抜粋)

※詳しくはご相談ください。

事件の種類 着手金(税別) 報酬金(税別)
離婚 交渉 15万円 15万円

+経済的利益から算出

調停 30万円(交渉受任後の調停は15万円) 30万円

+経済的利益から算出

裁判 40万円(調停受任後の裁判は20万円) 40万円

+経済的利益から算出

民事裁判 請求額が300万円以内の場合 経済的利益の8% 経済的利益の16%
刑事事件 30万円~ 30万円~

 

事件の種類 手数料(税別)
遺言書作成 10万円(定型のもの)~
英文契約書 英文和訳 1ワードあたり40円
和文英訳 1文字あたり50円
英文契約書作成 7万円~
英文契約書チェック 3万円~
顧問契約 月額3万円~

 

※この他、申立費用、コピー代、遠方の裁判所への交通費等の実費がかかります。

※分割払いのご相談にも応じております。

 ※法テラスの無料相談・弁護士費用立替制度が利用可能です。